iOS/iPadOS 13のTouchJWv2についてのお知らせです。

iOS/iPadOS 13.1系では、一定の条件が重なるとDocumentPicker系で不具合が出ることが確認されています。これはiOS/iPadOS 12からアップグレードされた場合には発生しません。
具体的にはDocumentPicker系やiOSのファイル.App(ファイルアプリ)からTouchJWv2のサンドボックスが見えなくなるという現象です。
この問題は、iOS/iPadOS 13.2にアップグレードすると解消されます。
iOS/iPadOS 12系で最新のTouchJWv2が起動しないとのサポートをいただきます。この場合も、iOS/iPadOS 13.2にアップデートすると解消されます。

TouchJWv2 for iOS/iPadOSの紹介動画が新しく!

#TouchJWv2 とは #Jw_cad のデータを #iPhone#iPad で表示するアプリです。 あなたのiPadやiPhoneでJw_cadのデータが現場で!外出先で!即座に見られます。 また、メールに添付されたJw_cadファイルもクラウドに保存されたJw_cadファイルも高速データ通信でどこでも見られるアプリです。 Jw_cadとは?1991年にMS-DOS版が1997年からWindows版が公開されました。 フリーソフトとして公開されており、多くの企業や官公庁でも利用されています。 特に小規模な個人建築設計事務所での普及は高く、一部の官公庁では電子納品にJw_cadのファイル形式であるJWWファイルを指定するところもあります。 TouchJW v2はこのJw_cadのファイル形式であるJWWファイルをiPhoneやiPadで表示するアプリです。 2012年ごろ、iPhoneやiPadの普及に伴いJWWファイルをiPhoneやiPadで表示したいという要望があり、当時WindowsMobileでJWWファイルのプログラムを開発していた、H.Miyanishiさんが iPhoneとiPad用にプログラムを移植したのがTouchJWです。 その後、64bit対応、クラウドサービスへの接続など機能強化を行い、現在のTouchJW v2に至っています。 TouchJW v2はネイティブグラフィックスをフルに使い、C言語による高速処理を行っているため、非常に高速に動作します。 あなたのiPhone、iPadにTouchJW v2を、現場、設計のDXはTouchJW v2から。 TouchJWv2をどうぞ、あなたの図面ブラウジングに! https://ansh.jp